新刊書

  • 「自画像の思想史」最新刊2016.06

    自画像の思想史

    15,000年の人類の歴史。「自画像」とは人類にとって何なのか。ラスコーの壁画から忌野清志郎まで、自画像の意味を読み解き、「自画像以降」の行方を探る。美術史の枠組みを壊す前人未到の試み。掲載する自画像250人余/掲載図版約500点。

    最新刊

    「おもしろければOKか?」新刊2010.01, 2016.03

    おもしろければOKか?
    現代演劇考

    誰か、誰かいないか。…客がいる。観客に語れ。関われ。無理にでも関われ。演劇の衰退を再生、更新するための作戦、まるごと大公開。【増補版】

    最新刊

  • 「イタリア女性文学史」新刊2015.12

    イタリア女性文学史
    中世から近代へ

    勇気ある女性たち 13世紀、イタリア文学草創期からバロックの時代にかけて、過酷な因襲と闘う女性表現者たちがいた。文学史の空白を埋めて、叡智に富む、きらびやかな言説が、今、よみがえる。

    最新刊

    「詩についての小さなスケッチ」新刊2014.11

    詩についての小さなスケッチ

    現代詩は面白い。ずるいぞ、待て。ひとつかふたつの詩を大事に携えて生きていく。ぼちぼち、ばらばらと。詩は求めるしかない。まっすぐな著者初の詩論(エッセイ)集成

  • 「シシュフォスの神話」新刊2014.5

    シシュフォスの神話
    ワーグナー試論

    「示導動機(ライトモチーフ)」とは—ワーグナーの楽劇は、何がすごいのか。どうして、人の心をつかむのか。ひとつひとつの音譜を手がかりに、著者はワーグナーの包摂する力とがっぷり組んで、精緻に読み解く。

    「詩の波 詩の岸辺」新刊2013.11

    詩の波 詩の岸辺

    詩は失くなってしまうのか。「啞然とする出来事」の前で途方に暮れる詩人たちの悪戦苦闘。それでも、詩は生き残る。“たったひとこと、されどひとこと”

トピックス

風漂花

「風漂花」彼岸幻視考

特異な歴史観を持つ著者、久々の劇画。中世室町時代を舞台に羅漢の群像を、一休禅師との出会いによって剣を捨てた剣客、幻妙斎という人物を軸に生き生きと描写する。

シシュフォスの神話

「シシュフォスの神話」ワーグナー試論

「示導動機(ライトモチーフ)」とは—ワーグナーの楽劇は、何がすごいのか。どうして、人の心をつかむのか。ひとつひとつの音譜を手がかりに、著者はワーグナーの包摂する力とがっぷり組んで、精緻に読み解く。

速度ノ花

「速度ノ花」ダンス・エッセイ集

「ダンサーは見られることに耐えるための仕掛けをからだに持っている」なぜ踊るのか、という問いを抱えて30年。「天使館」から「枇杷系」へ、コンテンポラリーダンスの旗手が綴る、からだという坩堝のかたち、動き、思考、感情。

ゴッホ神話の解体へ

「ゴッホ神話の解体へ」

ゴッホを日本に紹介した白樺派や小林秀雄によってつくられた〈ゴッホ像〉を、ゴッホがすごした土地を旅しながら吟味していく。文章と写真でつづる思想の紀行文。

書籍のご注文

代金前払い(郵便振替)にて、ホームページより五柳書院の書籍がいつでもご注文いただけます。また、全国書店でのご注文、電話/FAXでのご注文も受け付けております。


お問い合わせ

五柳書院
〒101-0064東京都千代田区猿楽町1-5-1 豊島屋本店ビル6F
TEL 03-3295-3236
FAX 03-3295-6065