小笠原 賢二

件中 件を表示 表紙画像を表示/非表示

  • 文学的孤児たちの行方

    「文学的孤児たちの行方」 

    (五柳叢書-22/1990.01発売)

    1970年代以降の文学世界の感受性をルポルタージュ。先行世代と共通感覚を持たない、文学的孤児としての〈新時代の旗手たち〉は、何処へ行こうとしているのか。

おがさわら けんじ

昭和21(1946)年 4月15日、北海道増毛町生まれ。大正大学、日本大学、法政大学、日本ジャーナリスト専門学校講師。昭和45年 法政大学文学部日本文学科卒。昭和50年 法政大学大学院人文科学研究科修士課程修了。昭和47年 から61年 まで週刊読書人に勤務し、文芸欄を担当。同人誌「星雲」同人。2004年 死去。

五柳叢書

著書
1982年 『黒衣の文学誌−27人の〈創作工房〉遍歴』(雁書館)
1986年 『異界の祝祭劇−現代文学の21人』(沖積舎)
1989年 『講座昭和文学史第5巻解体と変容』(共著、有精堂)
1990年 『文学的孤児たちの行方』(五柳書院)
1994年 『終焉からの問い現代短歌考現学』(ながらみ書房)
2001年 『拡張される視野現代短歌の可能性』(ながらみ書房)、『時代を超える意志昭和作家論抄』(作品社)
2004年 『「幸福」の可能性逆風の中の文学者たち』(洋々社)、『極北の詩精神西川徹郎論』(茜屋書店)

※履歴、出版歴等は最新でない場合がございます。

ホーム » 著者名から検索 » 小笠原 賢二