川又 一英

件中 件を表示 表紙画像を表示/非表示

  • 甦るイコン

    「甦るイコン」 ロシアを映し出す鏡

    (五柳叢書-48/1995.12発売)

    イコンを巡る旅、森と斧と民衆と。1966年以来、ロシアを訪れる度にイコンは、著者の心の奥深くに舞い降りてきた。イコンを通して捉えた現代ロシアの心と原風景。

かわまた かずひで

1944年、東京に生まれる。早稲田大学文学部露文科卒業後、出版社勤務を経て執筆生活に入る。ロシア・ビザンティンをテーマにした著作が多い。2004年 10月死去。

五柳叢書

著書
1977年 『ゴッホ(文研の伝記)』(文研出版)、『変装の技術』(共著、風涛社)
1979年 『さすらいびとの唄インドの大地と放浪者たち』(音楽之友社)
1981年 『われら生涯の決意大主教ニコライと山下りん』(新潮社)
1984年 『大正15年 の聖バレンタイン』(PHP研究所)
1985年 『ヒゲのウヰスキー誕生す(新潮文庫)』(新潮社)
1987年 『バッカス気分で地球放浪』(新潮社)
1989年 『聖山アトス−ビザンチンの誘惑(新潮選書)』(新潮社)
1992年 『ニコライの塔−大主教ニコライと聖像画家山下りん(中公文庫)』(中央公論新社)
1993年 『ビザンティン歴史美術紀行(音楽選書)』(音楽之友社)、『ルイ・ア−ムストロング(Thelifestory)少年 院のラッパ吹き』(メディアファクトリ−)
1995年 『甦るイコン』(五柳書院)
1999年 『イヴァン雷帝(新潮選書)ロシアという謎』(新潮社)
2002年 『ビザンティン・ロシア思索の旅』(山川出版社)、『エ−ゲ海の修道士聖山アトスに生きる』(集英社)
2003年 『麻布中学と江原素六(新潮新書)』(新潮社)
2004年 『イコンの道ビザンティンからロシアへ』(東京書籍)
2005年 『エチオピアのキリスト教思索の旅』(山川出版社)

※履歴、出版歴等は最新でない場合がございます。

ホーム » 著者名から検索 » 川又 一英