小池 光

件中 件を表示 表紙画像を表示/非表示

  • 茂吉を読む

    「茂吉を読む」 五十代五歌集

    (五柳叢書-78/2003.06発売)

    茂吉の五つの歌集、『石泉』『白桃』『暁紅』『寒雲』『霜』。五十代に足を踏み入れた、日常をシュールに俯瞰する歌人、小池光。茂吉の突出した空想力と独特の時間感覚を解読する。

  • 現代歌まくら

    「現代歌まくら」 

    (五柳叢書-53/1997.07発売)

    気鋭の歌人が新しい息吹を吹き込んで立ち上げる多彩でたくましい日本語の魅力と、とりまくイメージ。「青森県」から「わたつみ」まで200項目。著者の言わざ。

  • 街角の事物たち

    「街角の事物たち」 

    (五柳叢書-23/1991.01発売)

    時代のうねりの中に身をさらす歌人の日常。団地暮らしの思想、事物への愛着、あるいは短歌論など。短歌界の内外から最も注目される歌人のエッセイを初めて集成。

こいけ ひかる

歌人。1947年、宮城県生まれ。1972年、東北大学理学部大学院修了。
1980年 歌集『バルサの翼』(沖積舎)で現代歌人協会賞を受賞。

五柳叢書

著書
1982年 歌集『廃駅』(沖積舎)
1988年 歌集『日々の思い出』(雁書館)
1990年 『小池光歌集(現代短歌文庫)』(砂子屋書房)
1991年 エッセイ集『街角の事物たち』(五柳書院)、「季刊邑第1巻第1号」(邑書林)
1992年 『小池光歌集(現代短歌文庫)』(砂子屋書房)
1993年 評論集『短歌物体のある風景』(本阿弥書店)
1995年 歌集『草の庭』(砂子屋書房)
1997年 評論集『鑑賞現代短歌岡井隆』(本阿弥書店)
1997年 評論集『現代歌まくら』(五柳書院)
1998年 『斎藤茂吉—その迷宮に遊ぶ』(共著、砂子屋書房)
1999年 『現代短歌ハンドブック』(雄山閣)
2000年 歌集『静物』(砂子屋書房)
2001年 『現代短歌一〇〇人二〇首』(共著、邑書林)、『小池光歌集(現代短歌文庫)続』(砂子屋書房)、『昭和短歌の再検討』(砂子屋書房)
2003年 評論集『茂吉を読む』(五柳書院)
2004年 歌集『滴滴集』(短歌研究社)、『時のめぐりに歌集』(本阿弥書店)

※履歴、出版歴等は最新でない場合がございます。

ホーム » 著者名から検索 » 小池 光