小池 昌代

件中 件を表示 表紙画像を表示/非表示

  • 詩についての小さなスケッチ

    「詩についての小さなスケッチ」 

    (五柳叢書-101/2014.11発売)

    現代詩は面白い。ずるいぞ、待て。ひとつかふたつの詩を大事に携えて生きていく。ぼちぼち、ばらばらと。詩は求めるしかない。まっすぐな著者初の詩論(エッセイ)集成

こいけ まさよ

詩人、小説家。1959年、東京生まれ。津田塾大学国際関係学科卒業。

五柳叢書

主な詩集に『水の町から歩きだして』、『永遠に来ないバス』(現代詩花椿賞)、『もっとも官能的な部屋』(高見順賞)、『ババ、バサラ、サラバ』(小野十三郎賞)、『コルタカ』(萩原朔太郎賞)、主な小説に『タタド』(表題作で川端康成文学賞)、『自虐蒲団』『厩橋』『たまもの』(泉鏡花文学賞)など多数。

※履歴、出版歴等は最新でない場合がございます。

ホーム » 著者名から検索 » 小池 昌代