「演劇」の検索結果

6 件中 1〜6 件を表示 表紙画像を表示/非表示

  • おもしろければOKか?

    「おもしろければOKか?」 現代演劇考

    (五柳叢書-93/2010.01, 2016.03発売)

    誰か、誰かいないか。…客がいる。観客に語れ。関われ。無理にでも関われ。演劇の衰退を再生、更新するための作戦、まるごと大公開。【増補版】

  • 歩きながら考えた

    「歩きながら考えた」 やさしい演劇論集

    (五柳叢書-90/2007.07発売)

    鬼才、川村毅が演劇界を気ままに歩き、ライヴ感覚で語る。どこへ行くのか、21世紀の日本演劇。

  • なにもかもなくしてみる

    「なにもかもなくしてみる」 

    (五柳叢書-86/2005.11発売)

    世界に衝撃を与えた演劇手法「沈黙と遅いテンポ」。その太田省吾が、〈今、ここに生きている〉をテーマに新たな演劇計画に挑む。

  • 舞台の水

    「舞台の水」 

    (五柳叢書-38/1993.01発売)

    喜怒哀楽は表現ではない。痛み、怖れ、ためらい、はじらい、おののきから演劇は生まれる。劇作家・演出家の著者が語る劇のエレメント。空間・身体・表現とは何か。

  • シチュアシオン

    「シチュアシオン」 日本演劇の現在

    (五柳叢書-24/1991.03発売)

    批評と舞台そして観客との関係を成熟させる熱い試み。演劇批評の自立を目指し、舞台をとりまく状況から、小劇場・劇評・演出の現在まで日本演劇界への真摯な提言。

  • 俳優漂流

    「俳優漂流」 

    (五柳叢書-13/1989.09発売)

    日本を離れて35年。パリを拠点に、世界中を駆け巡る一日本人俳優の生活記録。ピーター・ブルックや三島由紀夫との出会い、考えたことや感じたことの見事な結晶。