五柳叢書-46

「言の葉の交通論」

言の葉の交通論

本体価格 1942円

単交通・双交通・反交通方法詩を模索する著者が、グラシアンやベルクソンから橋本治まで、多彩な顔ぶれで繰り広げる詩と物語生成の間(あいだ)を巡るカーニバル。

カテゴリー
評論
                    
著者
出版日
1995.05発売
サイズ
四六判/カバー装/上製本
頁数
208頁
ISBN
4-906010-69-5

書評/詳細

図書新聞"交通の物語り-従来の引用論を解体する思考の枠組みを提示"/松浦寿夫(美術史)[1995.10.25]、出版ニュース[1995.8]、週刊読書人"「物語」の生成を促す詩学-記号と記号の間の関係に着眼"/木戸朱理[1995.11.17]

関連書籍

ホーム » 五柳叢書 » 言の葉の交通論