五柳叢書-60

「宮柊二とその時代」

宮柊二とその時代
【在庫僅少】

本体価格 2200円

恋愛、戦争、大衆、選者、結社、老い、時代と個の主題を生きぬいた宮柊二。今、壮年期の只中にいて、現代の諸相に直面する筆者が、その歌作の意味と軌跡を追う。

カテゴリー
詩歌文芸評論
                    
著者
出版日
1998.05発売
サイズ
四六判/カバー装/上製本
頁数
272頁
ISBN
4-906010-82-2

書評/詳細

岩手日報"視角の新鮮さ光る"/島田修二(歌人)[1998.6.29]、毎日新聞[1998.6.7]、朝日新聞[1998.6.1]、中国新聞"歌人活動通じ昭和とらえる"/島田修二(歌人)[1998.6.28]、産経新聞"'一兵卒歌人'を温かく"[1998.7.4]、東京新聞[1998.7.5]、出版ニュース[1998.7]、毎日新聞"宮柊二と現在"/内藤明(歌人)[1998.6.14]、下堅(しもつけ)新聞"昭和を生きた歌人の姿追う"/島田修二(歌人)[1998.7.4]、週刊読書人"わかりにくい内面に迫る-歌人を通じて時代の欠落を埋めてゆく作業"/佐伯裕子(歌人)[1998]、短歌往来"渾身の柊二論"/桑原正紀[1998.10]、桟橋"鑑識眼の高さと広い視野"/影山一男[1998.10.20]、短歌新聞"核心を突いた作家論"/鈴木篤[1998.9]、水甕[1998.8]、醍醐[1998.8]、短歌"事実の重みと「劇的精神」"/小山太郎[1998.10]、短歌研究"問いは自らの裡に"/秋山佐和子(笛)[1998.11]、かりん"必然の人"/梅内美華子[1998.10]、日本経済新聞「今年の収穫」[1998.12.27]

関連書籍

ホーム » 五柳叢書 » 宮柊二とその時代