五柳叢書-62

「川舟考」日本海洋文学論序説

川舟考

本体価格 2200円

川は、人間の精神や文化に何をもたらしたのか。著者は最上川、柳川、保津川、淀川……『土佐日記』を逍遥し、川のある文学の可能性を求めて川を下る。

カテゴリー
文芸評論紀行
                    
著者
出版日
1998.12発売
サイズ
四六判/カバー装/上製本
頁数
240頁
ISBN
4-906010-85-7

書評/詳細

日本経済新聞"日本文学、水面から見つめる"/野口武彦(文芸評論家)[1999.1.10]、週刊読書人"日本人の閉じこもり思考を打ち破る-実地の経験を重ねてきた著者ゆえの好読物"/鈴木貞美(国際日本文化研究センター教授)[1999.2.26]、朝日新聞「ウオッチ文芸」[1999.1.25]、朝日新聞"揺れながら通る芯-海からの目の復権"/赤坂憲雄(東北芸術工科大学教授)[1999.2.15]、大分合同新聞"水の道という文明の泉"/小池光(歌人)[1999.2.15]、下堅(しもつけ)新聞"水の道から文明の基層問う"/小池光(歌人)[1999.2.13]、岩手日報"水の文化をめぐる"/小池光(歌人)[1999.2.8]、鹿島新聞"水の道から文明の基問う"/小池光(歌人)[1999.2.28]、南日本新聞"川の流れ人生に見立て"/岡田哲也(詩人)[1999]、すばる"「舟」から見るこの国のかたち"/佐藤洋二郎[1999.4]、週刊文春"日本人の'水の世界'観を探る"/中江克己(ノンフィクション作家)[1999.3.4]、FRONT 4"水上から、日本を問い直す"[1999.4.1]、出版ニュース[1999.3]

関連書籍

ホーム » 五柳叢書 » 川舟考