五柳叢書-64

「イリヤ・カバコフの芸術」

イリヤ・カバコフの芸術

本体価格 3500円

世界の注目をあつめる現代美術の巨匠、カバコフの主要テクストを本邦初訳。沼野充義の書き下ろし〈カバコフ論〉、カバコフとグロイスとの対話三篇を併録。

カテゴリー
現代美術
                    
著者
出版日
1999.08発売
サイズ
四六判/カバー装/上製本
頁数
344頁
ISBN
4-906010-87-3

書評/詳細

週刊朝日"「月ほど遠い出来事」だった美術展の誘い-過去の美的遺産に借金をしない芸術"/池内紀(ドイツ文学者)[1999.10.1]、すばる"カバコフの魔法の「ことば」"椹木野衣[1999.11]、東京新聞[1999.9.26]、出版ニュース[1999.10]、日本経済新聞[1999.9.19]、週刊読書人"日本の本格的な紹介-全体主義芸術を考える上で大事な出発点"/亀山郁夫(東京外語大学教授)[1999.11.5]、図書新聞"生きられる記憶としての芸術-イリヤ・カバコフ展シャルル・ローゼンタールの人生と創造"/鈴木正美(ロシア文学)[1999.9.11]

関連書籍

ホーム » 五柳叢書 » イリヤ・カバコフの芸術