五柳叢書-93

「おもしろければOKか?」現代演劇考

おもしろければOKか?

本体価格 2200円

誰か、誰かいないか。…客がいる。観客に語れ。関われ。無理にでも関われ。演劇の衰退を再生、更新するための作戦、まるごと大公開。【増補版】

カテゴリー
演劇
                    
著者
出版日
2010.01, 2016.03発売
サイズ
四六判/カバー装/上製本
頁数
213頁
ISBN
978-4-901646-28-4

書評/詳細

出版ニュース[2010.3月下旬] −こうしてできあがった増補版を読み直してみると、なかなかおもしろい本だと思います。というのは、やっぱり演劇は変わってゆくものだということを、この本が示しているからです。その変わりゆく様に、みなさん、どうかまだまだついて来て欲しい。つまり、演劇に来て欲しいのです。本番が良い日には、この本がよく売れました。第二版につながったのはそのことが大きかった。観客は、今見たものに対する不安のうちに、あるいは挑戦として、この本に手を伸ばしてきたのです。 「おもしろければOKか?」とは、あなたたちのしたたかな問いかけだったのか、と今さら気がつきました。やばい! 稽古に行ってきます。後ほど、劇場でお会いしましょう。 (増補版のためのあとがきより)

関連書籍

ホーム » 五柳叢書 » おもしろければOKか?