「評論」の検索結果

22 件中 1〜10 件を表示 表紙画像を表示/非表示

  • 迷路と青空

    「迷路と青空」 詩を生き、映画を生きる

    (五柳叢書-111/2021.7発売)

    動きながらの言葉
    詩を読んだり書いたり、映画を観たり撮ったり、文学に思いを馳せ、論じる。著者の運動感(フットワーク)が溢れるこの世の面目躍如。

  • ベケットのほうへ

    「ベケットのほうへ」 

    (五柳叢書-112/2021.11発売)

    全く新たなベケット論。ベケットは言語の呪縛にどのように立ち向かったのか。絵画とのかかわり、晩年のヴィデオ作品まで、ベケットの生涯にわたる独創性を多面的に読み解き、“不条理劇のベケット像”という定説をくつがえす。

  • ロシア万華鏡

    「ロシア万華鏡」 社会・文化・芸術

    (五柳叢書-109/2020.3発売)

    ボルシチ風味のテクスト。ロシアの風土に生きる人々の暮らし、笑iい、活力そして、懐しさ。めくるめく色彩に満ちた、いまのロシアが、立ち上がるエッセイ集成。

  • ピノコ哀しや

    「ピノコ哀しや」 手塚治虫『ブラック・ジャック』論

    (五柳叢書-108/2020.1発売)

    没後30年、手塚治虫に捧ぐ−ピノコとブラック・ジャックの恋愛譚として読み解く、新しい『ブラック・ジャック』論の誕生。

  • 詩の地面 詩の空

    「詩の地面 詩の空」 

    (五柳叢書-107/2019.5発売)

    言葉が無力などと、どの口が言うのか。怒りを込めて、著者はペンと鍬を持ち、現代詩の足場と視線をたぐり寄せる。
    中尾太一、吉増剛造の詩論、エッセイ、農業日記等書き下ろし多数収録。

  • てんてこまい

    「てんてこまい」 文学は日暮れて道遠し

    (五柳叢書-105/2018.7発売)

    チャーミングで野太い日本文学の明日●翻訳論:マイケル・エメリックでございます/透明人間、翻訳を語る/翻訳は言語からの解放−柴田元幸との対談/おかえりなさい、ミスター高橋/20年後にも美味しくいただける高橋源一郎/村上春樹、東アジア、世界文学●文学論:能にとって詩とは何か/漱石ロココ/もじのとし−東京/文学/文学と金−ふたつの視点…他

  • 空洞説

    「空洞説」 現代彫刻という言葉

    (五柳叢書-104/2017.08発売)

    言葉を焼いて始まった『エピタフ墓碑銘』以降。彫刻とは何か、制作の現場から。

  • 自画像の思想史

    「自画像の思想史」 

    (五柳叢書-103/2016.06発売)

    15,000年の人類の歴史。「自画像」とは人類にとって何なのか。ラスコーの壁画から忌野清志郎まで、自画像の意味を読み解き、「自画像以降」の行方を探る。美術史の枠組みを壊す前人未到の試み。掲載する自画像250人余/掲載図版約500点。

  • イタリア女性文学史

    「イタリア女性文学史」 中世から近代へ

    (五柳叢書-102/2015.12発売)

    勇気ある女性たち 13世紀、イタリア文学草創期からバロックの時代にかけて、過酷な因襲と闘う女性表現者たちがいた。文学史の空白を埋めて、叡智に富む、きらびやかな言説が、今、よみがえる。

  • 一国民俗学を越えて

    「一国民俗学を越えて」 

    (五柳叢書-76/2002.06発売)

    『定本柳田國男集』を自転車に積んで始まった柳田の跡を辿る旅。今、著者はいくつもの日本へと通じる民俗学を芽吹かせ、育み、荒涼としたこの時代に鍬を入れる。