五柳叢書-56

「少し長い文章」現代日本の作家と作品論

少し長い文章

本体価格 2300円

秀逸な比喩と想像力。加藤典洋は同時代の作家たちとどう向き合っているのか。また、中也や漱石は彼の批評形成に何をもたらしたのか。著者のテイストと時代。

カテゴリー
文芸評論
                    
著者
出版日
1997.11発売
サイズ
四六判/カバー装/上製本
頁数
232頁
ISBN
4-906010-79-2

書評

五柳叢書

関連書籍

ホーム » 五柳叢書 » 少し長い文章