松浦 寿輝

件中 件を表示 表紙画像を表示/非表示

  • 詩の波 詩の岸辺

    「詩の波 詩の岸辺」 

    (五柳叢書-99/2013.11発売)

    詩は失くなってしまうのか。「啞然とする出来事」の前で途方に暮れる詩人たちの悪戦苦闘。それでも、詩は生き残る。“たったひとこと、されどひとこと”

まつうら ひさき

詩人、小説家、批評家。
1945年 東京生まれ。東京大学大学院人文科研究科フランス文学専攻博士課程修了。

五柳叢書

詩集に『冬の本』(高見順賞)、『吃水都市』(萩原朔太郎賞)、『afterward』、評論に『折口信夫論』(三島由紀夫賞)、小説に『花腐し』(芥川賞)、『半島』(読売文学賞)、『川の光』、『不可能』など著書多数。

※履歴、出版歴等は最新でない場合がございます。

ホーム » 著者名から検索 » 松浦 寿輝