新刊書

  • 「ロシア万華鏡」最新刊2020.3

    ロシア万華鏡
    社会・文化・芸術

    ボルシチ風味のテクスト。ロシアの風土に生きる人々の暮らし、笑iい、活力そして、懐しさ。めくるめく色彩に満ちた、いまのロシアが、立ち上がるエッセイ集成。

    最新刊

    「ピノコ哀しや」新刊2020.1

    ピノコ哀しや
    手塚治虫『ブラック・ジャック』論

    没後30年、手塚治虫に捧ぐ−ピノコとブラック・ジャックの恋愛譚として読み解く、新しい『ブラック・ジャック』論の誕生。

    最新刊

  • 「詩の地面 詩の空」新刊2019.5

    詩の地面 詩の空

    言葉が無力などと、どの口が言うのか。怒りを込めて、著者はペンと鍬を持ち、現代詩の足場と視線をたぐり寄せる。
    中尾太一、吉増剛造の詩論、エッセイ、農業日記等書き下ろし多数収録。

    最新刊

    「てんてこまい」新刊2018.7

    てんてこまい
    文学は日暮れて道遠し

    チャーミングで野太い日本文学の明日●翻訳論:マイケル・エメリックでございます/透明人間、翻訳を語る/翻訳は言語からの解放−柴田元幸との対談/おかえりなさい、ミスター高橋/20年後にも美味しくいただける高橋源一郎/村上春樹、東アジア、世界文学●文学論:能にとって詩とは何か/漱石ロココ/もじのとし−東京/文学/文学と金−ふたつの視点…他

  • 「見えない俳優」新刊2018.11

    見えない俳優
    人間存在の神秘を探る旅

    “質のいい存在”を見つめ、模索し、鍛錬する、そして、杉村春子、三島由紀夫、ピーター・ブルックら三人の天才との出会いまで。
    パリを拠点に『俳優漂流』50年、旅の途上から。

    「空洞説」新刊2017.08

    空洞説
    現代彫刻という言葉

    言葉を焼いて始まった『エピタフ墓碑銘』以降。彫刻とは何か、制作の現場から。

トピックス

永瀬清子

「永瀬清子」

『グレンデルの母親』から『春になればうぐいすと同じに』まで60余年。詩のことばを思索し、耕し、表現し続けた現代詩の母、永瀬清子。遺された作品を読み込む。

イシュタルの林檎

「イシュタルの林檎」歌から突き動かすフェミニズム

輸入の思想や理論にたよることなく、身をもって日本の文化・詩歌を刻印している著者が、日本語そのものから、フェミニズムの課題へと接近する。待望の初短歌論集。

あたらしい手の種族

「あたらしい手の種族」詩論1990-96

時代はいつも曲がり角。現代詩の挑戦も、また、果てしなく繰り返される。詩人として最前線で活動する著者が、詩の言葉を愛することの意味を真摯に問う。

台湾の日本語文学

「台湾の日本語文学」日本統治時代の作家たち

邱永漢、周金波、陳火泉、王昶雄、坂口澪子、呂赫若。彼ら6人の作品を通して、戦前の台湾での日本語による執筆活動が何であったのか、今日的問題として読み解く。

書籍のご注文

代金前払い(郵便振替)にて、ホームページより五柳書院の書籍がいつでもご注文いただけます。また、全国書店でのご注文、電話/FAXでのご注文も受け付けております。


お問い合わせ

五柳書院
〒101-0064東京都千代田区猿楽町1-5-1 豊島屋本店ビル6F
TEL 03-3295-3236
FAX 03-3295-6065