新刊書

  • 「ベケットのほうへ」最新刊2021.11

    ベケットのほうへ

    全く新たなベケット論。ベケットは言語の呪縛にどのように立ち向かったのか。絵画とのかかわり、晩年のヴィデオ作品まで、ベケットの生涯にわたる独創性を多面的に読み解き、“不条理劇のベケット像”という定説をくつがえす。

    最新刊

    「迷路と青空」新刊2021.7

    迷路と青空
    詩を生き、映画を生きる

    動きながらの言葉
    詩を読んだり書いたり、映画を観たり撮ったり、文学に思いを馳せ、論じる。著者の運動感(フットワーク)が溢れるこの世の面目躍如。

    最新刊

  • 「犀星の女の人」新刊2021.2

    犀星の女の人

    犀星再発見
    女性の存在や立居振舞に心震わす犀星。彼は女性たちをどのように描いたか。犀星にとっての俳句、朔太郎との交情など、文学・精神の躍動を読み解く渾身の書き下ろし。

    最新刊

    「ロシア万華鏡」新刊2020.3

    ロシア万華鏡
    社会・文化・芸術

    ボルシチ風味のテクスト。ロシアの風土に生きる人々の暮らし、笑iい、活力そして、懐しさ。めくるめく色彩に満ちた、いまのロシアが、立ち上がるエッセイ集成。

    最新刊

  • 「ピノコ哀しや」新刊2020.1

    ピノコ哀しや
    手塚治虫『ブラック・ジャック』論

    没後30年、手塚治虫に捧ぐ−ピノコとブラック・ジャックの恋愛譚として読み解く、新しい『ブラック・ジャック』論の誕生。

    最新刊

    「詩の地面 詩の空」新刊2019.5

    詩の地面 詩の空

    言葉が無力などと、どの口が言うのか。怒りを込めて、著者はペンと鍬を持ち、現代詩の足場と視線をたぐり寄せる。
    中尾太一、吉増剛造の詩論、エッセイ、農業日記等書き下ろし多数収録。

    最新刊

トピックス

なにもかもなくしてみる

「なにもかもなくしてみる」

世界に衝撃を与えた演劇手法「沈黙と遅いテンポ」。その太田省吾が、〈今、ここに生きている〉をテーマに新たな演劇計画に挑む。

村落伝承論

「村落伝承論」『遠野物語』から

『遠野物語』に描かれた伝承群から言語表現として何を読みとれるのか。気鋭の国文学者による〈人はどのような存在として村落に生きていたのか〉という問いが鮮烈。

W文学の世紀へ

「W文学の世紀へ」境界を越える日本語文学

天才安部公房から、文壇の常識はずし町田康まで、日本語文学はどのように新しい「世界」を創っていくのか。言葉と文化・人間をまっすぐに見つめた文章38篇。

書評はまったくむずかしい

「書評はまったくむずかしい」

ここに、古びない書評がある。著者は、ひとつひとつの本と正面から向き合い、ゆるやかに深く思考を巡らせている。読みながら考え、佇み、想像し、問う。

書籍のご注文

代金前払い(郵便振替)にて、ホームページより五柳書院の書籍がいつでもご注文いただけます。また、全国書店でのご注文、電話/FAXでのご注文も受け付けております。


お問い合わせ

五柳書院
〒101-0064東京都千代田区猿楽町1-5-1 豊島屋本店ビル6F
TEL 03-3295-3236
FAX 03-3295-6065